Learn English

with movies

映画で楽しく英語の勉強【ベイマックス】(ベイマックス初登場でヒロとご対面)

(映画原題:Big Hero 6)
  • 映画概要
  • シーン概要

マーベル原作のディズニー映画。
大都市サンフランソウキョウでキャスおばさんと住む主人公ヒロとその兄のタダシ。
ヒロは頭脳明晰ながらその才能を持て余しており、そんな弟を心配する心優しいタダシ。タダシは大学のラボでケアロボットベイマックスを作りヒロに紹介しそして大学へと誘うが、入学を決める研究発表会の直後タダシは謎の火災で亡くなってしまう。
タダシを失って傷心のヒロだが、ベイマックスのおかげで火災が何者かの手によって引き起こされたものだと知った。ヒロは大学のラボ仲間達とその真相を追うこととなる。

才能の無駄遣いを続けるヒロを心配しヒロ大学のラボへと連れてきたタダシ。
そこでは様々な研究をしているラボ仲間を紹介され、最後にタダシが研究しているものを見せるためヒロをタダシのラボへ招き入れる。
プヨプヨでキュートなベイマックスの初登場シーン!登場からすでに可愛く一気にベイマックスが大好きになってしまうシーン。

シーン登場キャスト

ヒロ・ハマダ

(ライアン・ポッター)

本作の主人公。頭脳明晰ながらその才能を持て余しロボットファイトで小遣い稼ぎをする日々を送る14歳。兄タダシの影響からタダシの通うサンフランソウキョウ工科大学への入学を切望するようになる。

タダシ・ハマダ

(ダニエル・ヘニー)

ヒロの兄でサンフランソウキョウ工科大学へ通う。大学の研究ラボでベイマックスを作りヒロへ見せるが、その後謎の事故で死亡することとなる。

ベイマックス

(スコット・アドシット)

タダシの発明したケアロボット。人の痛みに反応しケアを施すのが目的で作られたが、キュートなボディに少し抜けた言動が全力で癒される可愛いプニプニロボット。

セリフ英語翻訳

※セリフを自動音声で読み上げる機能です。

※実際の映画のセリフを再生しているわけでなくJavascriptという技術で再生をしています。

※自動再生のため適切な発音ではないことがあります。またお使いのブラウザによっても差異が出ることがあります。

※推奨環境:Chrome(PC)

(タダシのラボへ入るヒロ)

Hiro:So, what have you been working on?

で、兄さんはなんの研究をしているの?

Tadashi:I'll show you.

見せてやるよ。

(タダシ、ダクトテープを取り出す)

Hiro:Duct tape?

ダクトテープ

Hiro:I hate to break it to you, bro.

あまり言いたくないけど兄さん・・

Hiro:Already been invented.

もうあるよ(そんなの)。

(タダシ、ヒロの腕にダクトテープを貼り付け思いっきりはがす)

Hiro:Dude!Ow!

うわっ!痛い!

(ベイマックスが起動)

Tadashi:This is what I've been working on.

これを作っていたんだ。

(ベイマックス、プヨプヨしながらヒロのもとへ。可愛い)

Baymax:Hello. I am Baymax.

こんにちは。私はベイマックスです。

Baymax:Your personal healthcare companion.

あなたの健康を守ります。

Baymax:I was alerted to the need for medical attention when you said, "Ow."

ケアを必要とする声が聞こえました。"痛い"と。

Hiro:A robotic nurse.

ケアロボット?

Baymax:On a scale of 1 to 10, how would you rate your pain?

1から10だと、どのくらいの痛みですか?

セリフ翻訳解説

それでは、セリフの中からいくつかピックアップして簡単な解説をしていきます。

まずはヒロのタダシに対するセリフです。
what have you been working on?
“have you been ~”で「(ずっと)〜していた」という意味があり、“work”は様々な意味へ訳せますが、ここではタダシが大学で行っていた研究を指します。「研究をしていた」の疑問系なので「なんの研究をしていたのですか?」となります。
ここではタダシのラボへ連れてこられ、既に何らかの研究を見せられるのがわかっていたヒロですから「で、兄さんの研究は?」と訳すことが出来ますね。

次もヒロのセリフで、
Already been invented.
“Already”だけだと「既に」だけの意味ですが、“Already been”になると「既に〜されている、なっている」となります。
そして“invented”は「invent」(発明する、作る)の過去分詞(過去形)なので「既に作られてるよ」となり、ヒロ風に言い換えると「そんなのもうあるよ」となります。
研究の結果がこれ?ハンッ。と呆れるヒロのセリフでした。

お次はベイマックスのセリフから、
I was alerted to the need for medical attention when you said, "Ow."
少し長いので3つに分けて考えていきましょう。
まずは“I was alerted to ~”ですが、“alert”が「警告する」という意味の動詞で、その受動態なので「警告を受けた」という意味になります。
次に警告を受けた内容です。“the need for medical attention”は直訳すると「医学的な手当てが必要」、つまり「ケアが必要」ということですね。
最後の“when you said, "Ow."”は前の文章に接続詞で“when”がかかっており、“A when B”で「Bの時にA」という関係になりますので、「あなた(ヒロ)が"痛い"と言った時」となります。
3つを直訳で繋げると「あなた(ヒロ)が痛いと言った時に医学的な手当てが必要であると警告を受けました」となりますが、タダシによって優しさとシュールさを兼ね備えたベイマックス的に言い換えると「ケアを必要とする声が聞こえました。"痛い"と。」となります。

最後もベイマックスのセリフから
how would you rate your pain?
“how would you ~”は「〜はどうでしょうか?」的な優しいニュアンスの疑問系です。
また、“Rate”は「評価する」、“pain”は「痛み」ですので、「痛みをどのように評価するでしょうか?」 → 「どのくらいの痛みですか?」となります。
機械的ながらも思いやりの心を持ったベイマックスらしいセリフですね。

単語・文法帳

alert

警告、警告する

attention

注意、手当て、心配り、親切

companion

仲間、連れ、相手役、話し相手

hate

嫌う、いやだ、したくない

have been

(ずっと、継続的に)~していた、~している

healthcare

医療、健康管理

invent

発明する、作る

medical

医療の、医学の

nurse

看護師、看病する

pain

痛み

personal

個人的な

rate

評価する、割合、率

robotic

ロボット的な、ロボットの

scale

スケール、規模、程度

映画【ベイマックス】の他の英語翻訳

初心者おすすめ度

★★★★★

【映画:ベイマックス】入学のためのネタを考えるヒロとフォローするタダシ
(映画原題:Big Hero 6)
サンフランソウキョウ工科大学のラボでロバート・キャラハン教授と出会い、ここへ通いたいと願うヒロ。
入学のためには大学主催の研究コンクールで成果を出さなければならないが、悩んでも悩んでも良いアイデアが出てこないヒロ。
そんなヒロをフォローする優しいタダシ。