Learn English

with movies

【映画:アナと雪の女王】セリフ英語翻訳(オラフ初登場。僕はオラフ!ギューっと抱きしめて!)

(映画原題:Frozen)
  • 映画概要
  • シーン概要

美しい国アレンデールに生まれた姉エルサと妹アナ。幼少期より雪の魔法を操れるエルサだが、8歳のある夜に妹アナに誤って魔法を当ててしまう。それ以来魔法を封印しアナとも距離を置くようになったエルサ。
その後成長し成人したエルサは戴冠式を行うためにアナ・そして大勢の民衆の前へ姿を表すこととなったのだが、ここでエルサの魔法が暴走してしまう事件が起きてしまいエルサはそれに耐えきれず1人お城を去ってしまう。
追うアナだが、果たしてエルサを取り戻せるのか?
楽しげな音楽とダンスのミュージカルで物語が進んでいき、オラフやスヴェンなどの可愛らしいキャラクター達も物語のアクセントとなって老若男女に愛されるような映画です。

みんな大好きオラフ!の登場シーンです。
あの「ギューと抱きしめて」のセリフも含まれる当シーンは、見る人の心をオラフが鷲掴みにすること間違いなしです。
ちなみにオラフは幼少期にまだエルサとアナが仲良く遊んでいた時代に、エルサの魔法によって生み出された雪だるまで、幼少期のシーンにもその様子が描かれています。
このシーンでオラフと合流した後、アナ・クリストフ・スヴェン達はエルサの氷の城へと赴く。

シーン登場キャスト

アナ

(クリステン・ベル)

本作の主人公の1人。姉のエルサと妹のアナ。幼少期は中の良かった姉妹だが、幼い頃エルサの魔法を頭に受けてしまい治療の一環として魔法に関する記憶を消去されている。それ以来姉妹の仲は複雑となるが、幼かった時の楽しかった思い出からアナはエルサへ語りかけ続ける。

オラフ

(ジョシュ・ギャッド)

エルサが幼い頃魔法で作った生きた雪だるま。夏や温かいものに憧れており、とても人懐っこいキュートなキャラ。作られた雪だるまだが、真の愛を語る一面も。

セリフ英語翻訳

(オラフの頭が逆さまになり戻った後)

Olaf:It was like my whole life got turned upside down.

世界がひっくり返ったかと思ったよぉ

(アナ、ニンジンをオラフの鼻に勢いよくぶっ刺す。奥までぶっ刺さる。)

Anna:Too hard. I'm sorry!

大変!ごめんなさい!

Olaf:Head rush!

くらくらするぅ。

Anna:I was just... Are you okay?

ちょっと。。大丈夫?

Olaf:Are you kidding me? I am wonderful!

冗談だろ!?最高だよぉ!

Olaf:I've always wanted a nose.

ずっと鼻が欲しかったんだぁ!

Olaf:So cute. It's like a little baby unicorn.

可愛い、この小さなユニコーンみたいなお鼻。

(ちっちゃく飛び出た鼻、というかニンジンをちょいちょいと触る可愛いオラフ)

(アナ、後ろから深すぎたニンジンを少し前出す)

Olaf:I love it even more.

こっちの方がもっともっと良いね!

Olaf:All right, let's start this thing over.

オーケー!最初からやり直そう!

Olaf:Hi, everyone.

やぁ!みんなぁ!

Olaf:I'm Olaf. And I like warm hugs.

僕はオラフ!ギューっと抱きしめて!

セリフ翻訳メモ

まずは
It was like my whole life got turned upside down.
こちらの「my whole life」は”人生、一生”という意味で、
そして「got turned upside down」が”逆になった、逆さまになった”なので
“人生が逆さまになったようだよ”、つまり”世界が逆さまになったかと思ったよ”
となります。
オラフのキュートな性格とキュートな身体が全面に出ているセリフですね。笑

次に
Head rush!
ですが、直訳すると”立ちくらみ”ですが、ここでは”くらくらするぅ”と訳しています。
(本家では”頭がぁ”だったかな?)

こちらはよく聞くフレーズですね
Are you kidding me? I am wonderful!
「Are you kidding me?」は”冗談でしょ?からかってるの?”などの意味があります。よく鼻で笑いながら使うフレーズですね。笑
「I am wonderful!」は・・・そのままですね。”素晴らしい!最高だよ!”的な!

こちらは簡単ですが
I love it even more.
「even more」で”もっともっと。さらにずっと”といった意味があります。
ので、”こっちの方がもっともっと良いね!”となりますね。

最後にオラフといったらのこのセリフ
I’m Olaf. And I like warm hugs.
「warm hugs」は直訳では”暖かいハグ”ですが、ディズニーでは”ギューっと抱きしめてと”訳しており、ここは変えちゃいけない訳だと思い同じように訳してあります。

単語・文法帳

Are you kidding me?

冗談でしょ?おちょくってるの?

even more

もっともっと。更にずっと。

head rush

くらくらする。立ちくらみ。

upside down

逆さま