Learn English

with movies

映画で楽しく英語の勉強【アナと雪の女王】(エルサを追って氷の城へ辿り着いたアナ)

(映画原題:Frozen)
  • 映画概要
  • シーン概要

美しい国アレンデールに生まれた姉エルサと妹アナ。幼少期より雪の魔法を操れるエルサだが、8歳のある夜に妹アナに誤って魔法を当ててしまう。それ以来魔法を封印しアナとも距離を置くようになったエルサ。
その後成長し成人したエルサは戴冠式を行うためにアナ・そして大勢の民衆の前へ姿を表すこととなったのだが、ここでエルサの魔法が暴走してしまう事件が起きてしまいエルサはそれに耐えきれず1人お城を去ってしまう。
追うアナだが、果たしてエルサを取り戻せるのか?
楽しげな音楽とダンスのミュージカルで物語が進んでいき、オラフやスヴェンなどの可愛らしいキャラクター達も物語のアクセントとなって老若男女に愛されるような映画です。

エルサを追って氷の城へたどり着いたアナ。
エルサと再会しアレンデールへ戻るよう説得するが、エルサは解放された今の現状をそっとして欲しく帰ることを拒否します。
ひょうひょうとしたアナらしさの出ているセリフが多く詰まっているので文字だけで見ても少し楽しげな会話なのがわかります。
ちなみにこのシーン直後にオラフが突入してきて一気に場を和ませます。笑

シーン登場キャスト

エルサ

(イディナ・メンゼル)

本作の主人公の1人。姉のエルサと妹のアナ。 幼い頃より氷の魔法を使えたエルサだが、アナへの魔法の事故よりその魔法に怯えながらひっそりと暮らすようになっていた。そんな中エルサの戴冠式で魔法が暴走することで物語が大きく動き出す。

アナ

(クリステン・ベル)

本作の主人公の1人。姉のエルサと妹のアナ。幼少期は中の良かった姉妹だが、幼い頃エルサの魔法を頭に受けてしまい治療の一環として魔法に関する記憶を消去されている。それ以来姉妹の仲は複雑となるが、幼かった時の楽しかった思い出からアナはエルサへ語りかけ続ける。

セリフ英語翻訳

※セリフを自動音声で読み上げる機能です。

※実際の映画のセリフを再生しているわけでなくJavascriptという技術で再生をしています。

※自動再生のため適切な発音ではないことがあります。またお使いのブラウザによっても差異が出ることがあります。

※推奨環境:Chrome(PC)

Elsa:Anna.

アナ!

(エルサ、氷のドレス姿で登場)

Anna:Elsa, you look different.

エルサ、変わったね!

Anna:It's a good different.

良い意味でよ!

Anna:And this place...

それに、ここ・・

Anna:It's amazing.

すごく素敵。

Elsa:Thank you.

ありがとう。

Elsa:I never knew what I was capable of.

私にこんなことができるなんて知らなかったわ。

(アナ、エルサに近寄りながら)

Anna:I'm so sorry about what happened.

お城でのことは本当にごめんね

Anna:If I'd have known...

もし知っていたら・・・

Elsa:No, no. It's okay.

いいえ、気にしないで。

Elsa:You don't have to apologize, but you should probably go.

あなたが謝ることはないわ。でも、、もう帰って。

Elsa:Please.

お願い。

Anna:But I just got here.

でも、今来たばかりなのに。

Elsa:You belong down in Arendelle.

あなたはアレンデールにいるべきよ。

Anna:So do you.

エルサもでしょ。

Elsa:No, Anna, I belong here.

いいえ、アナ。私はここにいる

Elsa:Alone.

一人で。

Elsa:Where I can be who I am Without hurting anybody.

ここは自分でいられる場所、そして誰も傷つけないで済む。

セリフ翻訳解説

まずはとても簡単な、
It’s amazing
「すごく素敵。」としていますが「驚いた!」や「素晴らしい!」的なニュアンスもあります。
アナはとても素直で天真爛漫な性格なので、お城の感想をストレートに表したんですね。

次はエルサが自分の魔法に関する感想を言うセリフで、
I never knew what I was capable of
“I never knew” で「知らなかったわ」、
“I was capable of”“capable of”は「出来る」という意味(canやbe able toとほぼ同義)で、
それらの間に“what”の接続詞があるので「私は出来たことを知らなかった」つまり「私にこんなことができるなんて知らなかったわ」となります。

続いてもエルサのセリフです。
You don’t have to apologize, but you should probably go
“apologize”は「謝る」、“have to ~”は 「~しなければならない」なので、
前半の“You don’t have to apologize”は「あなたが謝らなければならないことなんてないわ「、つまり「あなたが謝ることはないわ」ですね。
後半での“probably”は「多分、もしかしたら、おそらく」という意味がありますが、これはエルサの現状や魔法の精度などがまだ不明確なことから付け足したものと思われます。
前半後半繋げると「あなたが謝ることはないわ。でも、、もう帰って。」となります。

最後もエルサですが、愛する妹アナと案ずる気持ちが出ているセリフです。
You belong down in Arendelle
“belong”は「~にいる、~にある、~に所属している」ですが、ここでは“belong down”と言っています。“down”は下やふもとのように使われるので、おそらくは「この山の下にあるアレンデール」という意味で言ったセリフかと思われます。
繋げると「あなたは(山をくだって)アレンデールにいるべきよ」となりますね。

単語・文法帳

apologize

謝る

belong

いる、ある、所属する

capable of

出来る、可能

different

違う、変わった

have to

しなければならない、すべき

It's amazing

素晴らしい!驚いた!素敵!

probably

多分、もしかしたら、おそらく

映画【アナと雪の女王】の他の英語翻訳

初心者おすすめ度

★★★★★

【映画:アナと雪の女王】魔法に冒されたアナを救おうとするオラフ
(映画原題:Frozen)
アレンデール城に戻ってきたアナ達。
急激に魔法に冒され始めハンス王子に助けを求めるが、裏切られるアナ。もうダメかと思ったところに救世主オラフが登場しクリストフとの愛をアナに気づかせる。
アナを温めるオラフだが、火の近くなので溶けてしまうオラフ・・・ほんのり感動するシーンです。

初心者おすすめ度

★★★★★

【映画:アナと雪の女王】オラフ初登場。僕はオラフ!ギューっと抱きしめて!
(映画原題:Frozen)
みんな大好きオラフ!の登場シーンです。
あの「ギューと抱きしめて」のセリフも含まれる当シーンは、見る人の心をオラフが鷲掴みにすること間違いなしです。
ちなみにオラフは幼少期にまだエルサとアナが仲良く遊んでいた時代に、エルサの魔法によって生み出された雪だるまで、幼少期のシーンにもその様子が描かれています。
このシーンでオラフと合流した後、アナ・クリストフ・スヴェン達はエルサの氷の城へと赴く。